中古車相場は色によって違う

中古車相場は色によって違う

中古車を売ろうとする際に、どれくらいで売れるのかという中古車相場は車の状態によって違ってきます。その中に車の色によって相場が違ってくるということがあります。この理由には中古車の人気が買取の価格に結びついており車の色によって販売価格が違ってくるためです。

これは全く同じグレードや年式、同じ装備、走行距離であっても違いが出てくるものであり、人気のあるカラーと不人気のカラーで差額が10万円~20万円ほど違ってくることがあります。人気のあるカラーの車は売る時の価格が高くなり、買取価格も高くなります。

では実際に人気のあるカラーというのは何色なのか。どの車でも共通して人気があるカラーは白と黒になります。白い車体はたくさんありますが、その中でもパール系のカラーはさらに人気が高くどの車種でも人気が上がります。販売する時の価格もそれだけ高くなります。

同じ車でもカラーの違いにより市場の価値が変わってくるものであり、派手目のカラーの車は需要は少なくないにしても人気のカラーよりは需要は劣ることから売ることが難しくなると販売側は考えます。

この逆で不人気のカラーというのはイエローやピンクなど個性的な色の車で、他のカラーよりも低めに見られることがあり買取価格もあまり高くありません。中にはスポーツタイプのような趣味の要素が強い車種の場合でしたら、人気も高いので中古車相場も人気のカラーとほぼ変わらないということがあります。

また中古車相場は日によって変動するということもあるので、実際に車を売るということになったら、こまめに相場を調べておくというのも良いでしょう。

カラーの変動に関してはさほど大きく変動することはありませんが、車の他の要素が中古車相場の変動にかかわることがあるので、買取を依頼する場合は事前に価格を調べておくことで中古車相場を把握した上で依頼をする方が安心して車を売ることが出来るでしょう。

中古車で人気があるカラーに白や黒が選ばれるのは、中古車の購入を考えている人の多くはリーズナブルで使い勝手の良い車が欲しいと考えます。

そのためカラーに関しても派手な色より、無難なカラーである白や黒を選ぶ人が多いのです。長年にわたって不動の人気を誇るのも白や黒のようなカラーは、誰が乗っても違和感のないものだと考えられ需要は多いようです。
これは車の販売店からしたら、たとえ高い値段で買い取ってでも人気のある白や黒のカラーの車を仕入れたいと考えるのです。

Copyright© 2014 中古車の相場の考え方があります! All Rights Reserved.